ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
緊縛マニアック

警察機関が犯罪者を逮捕した際、まず最初にやるべきことと言えば?

そう、言うまでもなく「拘束」ですね。
せっかく捕まえたのに、スルッと逃げられてしまったら素も子もありません。

今なら警察謹製の手錠をカシャッとハメて一丁上がり!ってなもんですが、江戸時代の頃はそんな便利なアイテムはなかったもんで、同心・岡っ引きたちはわざわざ縄で下手人を縛り上げる必要がありました。
暴れる狼藉者を無理矢理おさえつけ、「神妙にしろィ!」などと怒鳴りつつ縄でグルグル巻きに……まあ、時代劇などでも御馴染みの情景でありますね。

お芝居の中なら、とにかく見た目にキッチリと縛ってあれば誰も文句は言いません。
しかし、実際にはどうだったか?


実は、縛り方ひとつとっても色々と面倒なルールがあったのです。


当時の捕り物について解説しているこのサイト様によりますと、



>捕縄は二種類あり早縄でとりあえず拘束し本縄で本格的に縄をかけた。縄のかけ方は捕縄術で規定され身分や性別によって異なり稚児縄、女縄、破戒縄、禰宜縄や武士の牢屋の揚屋へ入れる場合は揚縄、死罪相当の者は切縄など40種類ほどある。



だ、そうで。

おいおい縄なんざしょせん犯罪者を拘束するための道具、とにかく相手の自由さえ奪えりゃどう縛ったって勝手だろ?

……と、当方みたいな野暮天はついつい思ってしまうのですが……
いやいやいや!
そこでわざわざマニアックな工夫を凝らしてしまう辺りに、江戸っ子の粋(イキ)とか遊び心(アスビゴコロ)とかが表れ出てるんでしょうなあ。




……多分。




とまれ上記の引用文のうち、弊ブログ的に注目しなけりゃならんのは



>「稚児縄」



という箇所でありましょう。

当方、日頃よりそれがどんな縛り方であるか気になっていたのですが、先日ついにその詳細を見つけました。
さあさ以下の図版にご注目!










a0267818_1223339.jpg

(耽美雑誌の泰斗『June』の1979年8月号より転載)



ううむ、なかなかにS属性を刺激する縛り方ではありますな!
もしどなたか江戸を舞台にしたエロショタ本を描こうと思っている方がいらっしゃれば、是非ご参考に!






それにしても。
あくまで犯人の職業や社会的身分を判別することのみを目的として、細かいルールを決めていたのかと思いきや。
顔とナリを一目見ればすぐに分かる「少年」や「女」という立場にまで専用の緊縛法を用意するとは……



江戸の法曹界、マジ変態。


[PR]
by hihonsyudo | 2009-01-22 23:00 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hihonsyudo.exblog.jp/tb/15282179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大河ドラマ『天地人』始まりましたね 謹賀新年! >>