ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
ミソジニー過激派の弁

「異性愛」と「同性愛」。


はてさて、どっちが真実の愛なりや?


そんな、どーでもいいような問題について真面目に議論している古典の話をば。


男女二色の優劣論として特に有名なものに、偉大なる井原西鶴が書いた『男色大鑑』があります。


刊行は貞享四年(1687)。


普通の公立図書館でも、西鶴全集の置いてある棚に赴けば、かなりの高確率で見つけることができると思います。


その序文で、西鶴は




「なんぞ下髪(さげかみ)のむかし、当流の投島田、梅花の油くさき浮世風にしなえる柳の腰、紅の湯具、あたら眼を汚しぬ。


 是等は美兒人のなき国の事欠ける、隠居の親仁の玩びのたぐひなるべし。


 血気壮の時、詞(ことば)を交はすべきものにあらず。


 総て若道の有り難き門に入る事おそし」



なんてことを述べています。


大意を訳するなら、




「チャラチャラしたファッションの女に欲情するなんて、ダサすぎ! 


 若く元気な男なら、美少年以外に恋するのはダメゼッタイ!」




みたいな意味ですかー。



まあ西鶴という人は、これ以外にも『諸艶大鑑』とか『好色一代男』みたいに、男×女の情交を賛美する話もいっぱい書いてるんですけどね……


割と適当な文豪様であります。



まあそんな感じで、江戸期における男色本は、



「ホモは風流のたしなみ! 対してヘテロ愛は、風流を解せぬ田舎者のやること!」



という論理を好んで語っております。



先述の通り、この手の文章が乗っている本は、衆道文学史を掘り返せば次々に見つけることができます。


浅学の当方が思いつくだけでも、『田夫物語』とか、『よだれかけ』とか、『野傾友三味線』とか……


斯道に造詣の深い方なら、きっともっとたくさん挙げることができるでしょうね。



で、それらの中で、個人的にとりわけ「やべえ!」と思うのが『傾城禁短気』
です。
宝永八年(1711)の刊。


全四巻のうち、第二巻が丸ごと「ヘテロ者VSホモ者」の論争だけで占められているのですが、とにかくそこで用いられている罵倒レトリックがやべえ!




「一切の女、真なく、偽り多く、よく人を迷わし、身上をつぶさす大魔王なり。


 世に女道あるゆえに、うつけし人種つきず、喧しき赤子のこえ、両隣を難儀がらせ、(中略)老いて山の神と変じて下々を叱りまはし、腰ぬけて鬼婆々となつて嫁子をいぢり、一生めてあつかひかねて、男の難儀するは何故ぞ。


 是れ皆女道の業ならずや」


うひー。


いきなり「大魔王」とは恐れ入谷!


それどころか、「出産」という行為すら絶対悪として断罪するという……


少子化上等!



この後も「女は第一大欲ふかく」だの「内証より其の家をつぶす」だの「女色は紅粉を以て面を彩る大つくろひもの」だの、とにかくもう言いたい放題です。


対して男色は、「実あつて欲なき」だとか「若衆は天性の美形」だとかいうことで、プッシュされまくります。



それに対し、女色側も負けじと反撃をして……という具合の罵詈雑言の応酬が、B5版の本にして30ページ以上もグチグチ続く。


が。


せっかく威勢のいい文句を並べ立てたものの、最終的にホモスキー派は敗北してしまいします。


「男×男は人倫にもとる行為」だという理由、さらに「しょせん男×男の恋愛なんて、男×女の模倣にすぎないじゃねえか」というカドで。



そして、この第二巻のラストでは……



世の中からホモは一掃され、ヘテロ一色の世の中になりました!



という残念なオチが待っているのです。


こうした類の



「女は平気で嘘をつくし、強欲だから嫌いだ! でも、男はその逆だから大好きだ!」



みたいな偏見バリバリの論調は、他の男色本におけるホモヘテロ論争でも実によく使われます。


もうね、男色擁護論におけるテンプレートと言ってもいいくらい。




しかし使っている言葉の過激さという点では、『傾城禁短気』に勝るものは無いのではないでしょうか。


この一冊が、当時の江戸市民たちにどのような印象をもって受け止められたのかは分かりません。





それでも不肖当方が愚推するに……昔の日本は、「同性愛」というものに関してある程度寛大な社会だったんでしょうね。

もちろん、『男色大鑑』の序文でブチあげられたような美学が、全市民的に浸透していたとまでは言えませんけど……



『傾城禁短気』の作者は、同性愛よりも異性愛の方が上だという結論を出しました。


それはノンケ現代人の多くが、無意識のうちに「常識」として身につけている価値観です。


が、江戸の戯作者の場合は、そこに到るまでに、異性愛の問題点もまた克明にあげつらっています。


男と女の関係も、男同士の関係も、どちらも傍から見ると滑稽な点がいっぱい在るのだと、つらつら書きまくっている。


ただ頭ごなしに、「同性愛はいかんぞ、非生産的な!」とバッサリ切り捨てているわけじゃあない。




つーわけで、ヘテロ大勝利の世界を描いた『傾城禁短気』が世に出た後もなお、衆道本は数多く出版され続けました。


「開化」の時代たる19世紀がやって来るまで、この日本という国には、確かにそういう空気があったのです。





いやはや、世の中の「道徳」って何なんでしょうねぇ。


社会の「進歩」って、どういうことなんでしょうかねぇ……





12月4日・追記


『傾城禁短気』の刊年が大幅に間違っていましたので、訂正しました。


ご指摘くださった奈良漬氏に感謝申し上げます。




[PR]
by hihonsyudo | 2009-12-02 20:41 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hihonsyudo.exblog.jp/tb/15282199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大正時代の怒れる男 ソドムの市inジャパン >>