ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
『通和散』(追補あり)

ないし『通和散の作り方』などのキーワードで検索し、うっかり弊ブログに迷い込まれる方が多いようなので。


ずばり!

当世において実際に通和散を作ってみた偉人のブログへと、誘導させていただきまする。




みらくりっしゅ。★江戸のローションを作る。




上掲リンク先が、皆様方の明るいエロライフの一助となれば幸い。










(以下、追補)


と、ただリンク貼っただけで「どや?」と一仕事終えたツラになるのもアレなので、ここはひとつ、あまり知られていない話を。



上掲リンク先の解説、および弊ブログでも以前に紹介した ように、通和散の伝統的な主原料は



・葛粉


・卵白


・糊


と、されます。


しかし江戸文化の権威である三田村鳶魚 先生によると、別の材料を用いたアナザーバージョンがあったそうです。


以下、先生の著書『江戸の珍物』より、ちょくちょく引用。



「是は向日葵の根を晒して臼で杵き、その粉末を絹篩に掛けたのである。いつごろできたものかは分からないが、安永頃には江戸で売っていた」



つまり乾燥させたヒマワリの根を臼の中でペタペタと潰し、さらに絹布で漉したものらしき。

クラシカル・スタイルに比べると、素材の種類も、製法も、かなり簡略化されてまね。

……使い心地はどんな感じだったんじゃろか。


ちなみに「安永」というのは西暦で言えば1772年から1780年まで。

町人衆道の衰退期ですな。


この向日葵バージョン、明治の初めぐらいまでは流通していたそうですから、結構なロングセラーであります。


しかも……




「昔から僧侶間の贈答には、此の品を用ゐ居た、十袋二十袋を又た大きく包んで熨斗をかけ、決定往生などと上書きして受授したものである」




だ、そうな。



で、一袋」=「百包分」です。














日本の仏教界、色んな意味で絶倫なり!



[PR]
by hihonsyudo | 2010-09-23 22:29 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hihonsyudo.exblog.jp/tb/15282231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< COMIC CITY SPAR... 『週刊メルマガクリルタイ』様へ... >>