ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
西住殿かく戦えり
昭和13年、「西住小次郎」というひとりの戦車小隊長が日中戦争の最中で戦死しました。
で、翌14年以降には彼を神格化した伝記・エピソード集の類がドバドバ次々に発刊されまくって全国民的な「軍神フィーバー」が発生し、さらに遥か後世の平成の時代になってなお、彼の名を継いだ「西住みほ」というアニメキャラクターがたくさんのおじさん・おばさんを狂わせまくる……っつー事態が日本に巻き起こってしまうのでした。
歴史パねえ!


……そんなわけで。
「昭和初期の西住(小次郎)殿コンテンツを色々と紹介しつつ、それらの内容がどのくらい西住(みほ)殿というキャラクターの成立に影響しているか愚考してみる小冊子」を作ってみましたよ。





a0267818_12565114.jpg



a0267818_1257717.jpg




平成28年6月26日初版。
B5版・正味16ページ(コピー誌)。
頒価200円。
[PR]
by hihonsyudo | 2016-06-23 12:57 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hihonsyudo.exblog.jp/tb/22932073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あの刀の記憶・特 ぱんっあふぉー7 >>