「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「聖地巡礼」の元祖

ついに!

ついについについに!


10月30日、すなわち今週土曜日に『けいおん!』聖地イベント が開催されます。


アニメの舞台そのままの建造物の中で、アニメの同人誌を売買するたぁ……

参加者こぞって法悦境、大変に幸福度の高いイベントでありますです。

よくぞオタクに生まれけり!


あたしゃ残念ながら行けませんけど、『けいおん!』を愛するファンの皆様におかれましては


「いつまでも放課後! ふんす!」


の覚悟で、思いっきり楽しんできていただきたく。



しかし……当日の盛り上がりに期待しまくると同時に、一抹の不安も隠せなかったり。

つまり……浮かれるあまり羽目を外しすぎて、イベント参加者のみならず地元住民の方々に大迷惑をかける輩が現われるんじゃないかと心配で心配で……

コミケなどの大規模な即売会に行くと、しょっちゅうマナーのなってねぇバカに出くわしますからなぁ……


つーかまあ、それってオタクに限った話ではありませんがね。

洋の東西、時間の古今を問わず、憧れの「聖地」で旅の恥を掻き捨てまくるキモい巡礼者ってのは……絶えず出没するもんです。


で。

そういう哀しい先例は、古代にもあったんだぜ!

っつーことをフイに思い出したので、ここにフラッと書き置くことにいたします。




イタリア史に詳しい日本人作家といやあ、何はともあれ塩野七生 先生が代表です。


その塩野先生のエッセイ『イタリア遺聞』(1982,新潮社)が伝えるところによると、4世紀ごろのローマ帝国においても「聖地巡礼」が流行していたそうです。

313年の「ミラノ勅令」によってキリスト教が公認されて以来、帝国領内では同教への関心が高まりまくり、わざわざ長期に渡る「巡礼」の旅に出かける者が増えたとかなんとか。


あ、この場合の「巡礼先」とは、もちろんイエス・キリストが活躍したイエルサレムのことです。


当時のイエルサレムじゃ、「巡礼者」を感動させたり楽しませたりするために、聖書ゆかりの名勝の数々がわざわざキッチリと復元されていました。

例えば「最後の晩餐」が行われた家なんぞも、




「昨夜イエスと弟子たちが食事したのではないかと思うぐらい当時の状況が再現されていて、長い木製のテーブルを十四の椅子が囲み、テーブルの上には、パンのかたまりとコップまで並んでいる」


(『イタリア遺聞』より引用)




という有様!

流石、パンと同じくらい「サーカス(見世物)」を重要視したローマっ子の仕事であります。


でもって。

聖書に描かれた情景を、そこまで上手く再現されてしまうと……

熱心な「信者」としては、舞い上がらざるをえない!




「最後の晩餐のイエスの坐った場所となると、ギリシア語ラテン語をはじめとする各国語の落書で埋まってしまい、聖地を管理する側としては、しばしば新しいのに換えざるをえなかったといわれる。落書だけではなかったのだ。小刀でちょっぴり木片を切りとる、不謹慎な者が多かったからである」




ぬう……そういう話って、現代オタクにとっちゃ耳に新しいものではありませんよね?


具体例を挙げれば、



諏訪大社に参拝しては、いわゆる「痛絵馬」を残しまくる東方厨!



とか。



沖田総司の墓石を削っては、無断で持ち帰る歴女!



とかさあ。


いやもう本当、歴史ってのは繰り返すもんですねえ。



そんなわけで、来る土曜日の「桜高文化祭」 に参加される皆さん!

まことにまことに、汝らに告ぐ!



汝、落書きするなかれ!


汝、盗むなかれ!


汝、コスプレしたまま会場外をうろつくなかれ!


汝、ペロペロ(^ω^)行為を妄想のみならずリアルにおいても行うなかれ絶対!



ITなんて概念の存在していない1700年前ですら、キモ信者の無作法はバッチリと記録され、そして今なお語り継がれてしまっているのです。


ゆえに!

もし豊郷で何か一大事があれば、それは輝ける『けいおん!』史の汚点としてネット上に残り続け、場合によっては『けいおん!』信者全体が未来永劫ずっと非難され続けることになるやも……


ただでさえアニオタへの白眼視が厳しいご時勢ですし、ここはひとつ、どうぞどうぞお頼み申し上げまする。










付け加え。


やはり塩野先生の著作たる『続 海の都の物語』(1981,中央公論社)によれば、15世紀のヴェネツィアにもまた、純然たる営利目的から



「聖地巡礼パック旅行」


を斡旋する業者がいたそうで。


その頃はもちろん、全ての道がローマに通ずる時代なんざとっくの昔に終わっており、イエルサレムはイスラム国家・マムルーク朝の占領下におかれています。

しかしマーケティングに長けた都市国家ヴェネツィアは、旅行者のためにマムルーク朝から通行許可証を発行してもらい、さらに「巡礼事業法」なる法律を設けることで、ツアーの安全と快適を一定以上に保つ努力を怠らなかったそうです。


もちろん、それだけの手間をかけたのは、観光事業によってもたらされる利潤が実に大きなものだったからに他なりません。


……ってなエピソードを聞くと、現在海外において企画されまくってるこんなツアー とか、あんなツアー とかを想起してしまいますよなヌヒヒ。






まとめ。

ユダヤ聖書のひとつ、『伝道の書』第1章にいわく、



日の下には新しき者あらざるなり。見よこれは新しき者なりと指して言ふべき物あるや、其は我等の前にありし世々に既に久しくありたる者なり。



うむ!

それが人間、それが歴史!



[PR]
by hihonsyudo | 2010-10-25 20:41 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
そんなロリコン律法で大丈夫か?(一部訂正)

現在、ニコニコ動画では『エルシャダイ』というゲームのPVが大人気

ほんと、最近のランキングにイーノック氏の顔が出てこない日はありません。


で。

この『エルシャダイ』は、どうも古代イスラエルの神話に取材した内容のようですね。

モチーフの大元は『エノク書』 で、「イーノック」というのは預言者「エノク」の英語読み……なのかな?

『エルシャダイ』のサブタイトルが「アセンション オブ ザ メタトロン」なのも、そのエノクが昇天して「メタトロン」という天使になったという伝説に基づいているんだと思われます。


対して、イーノックと並ぶ主要キャラたる「ルシフェル」ってのは、一般に「悪魔の王」としてよく知られており、またファンタジーRPGなどでもよく登場する名前ではありますが……


元々のヘブライ神話体系にゃ、まったく登場しません。

キリスト教が伝来した後の欧州において創作された、後付けキャラなんですよね。


それが誕生する経緯については、詳しく説明すると長くなるので省きますが、とまれ現代オタ界の例で強引にこじつけるなら、「ルシフェル」イコールVIP板が産み出した「河城みとり」や「三浦茜」みたいなものかと。

つまり「ヘブライ神話」という原作をもとにでっちあげられた、二次的オリジナルキャラ!です。



にも関わらず世間じゃ、「ルシフェル」ないし「ルシファー」ってのは、ユダヤ教の聖書を起源とする魔王だと勘違いされまくってる。

あまつさえ、例えば「統一協会」や「幸福の科学」みたいな宗教団体においてさえ、悪魔「ルシフェル」はしょっちゅう目の敵にされてやがんのな!


あれらの教祖が、マジで自称通りに「イエスの生まれ変わり」であるなら、そんな間違いをやらかすはずがねえんだけどなー……




おおっと話がズレまくった。



とにかくまあ、古代ユダヤの文化・伝承たぁ、調べてみるとなかなか面白いもんです。

当方も数年前、ユダヤ教について興味を持ち、色々と図書館を巡ってはレアな本を読みまくった時期がありました。


で、昨今の『エルシャダイ』ブームを横目で眺めていたら、その頃の記憶が不意に蘇ってきたので、本日はイスラエルに伝わるアレな古典の話を一席(前置き長すぎですね、すいません)。






ユダヤ教には、大昔より伝わる「律法(トーラー)」という宗教上の服務規程があり、敬虔なユダヤ教徒は、現代においてもそれを遵守しています。

逆に言えば、「ユダヤ系民族」に属する全員が律法に従った生活をしているわけではありません。

日本に建つ全ての家に神棚があって、日本人の全てがそれに手を合わせているわけではないように、今じゃ一口に「ユダヤ人」っつっても色々であり……


おおっと、また話がズレそうなんで軌道修正しますが、とにかく「律法」の中においては、例えば「お払いを済ませていない肉は食うな!」や「安息日には働くな!」みたいな日常のタブーとか、犯罪者に対する量刑とか、そういう生活上の道徳とか規範などが、こと細かに決められています。


それら「律法」の数々をまとめて、注釈をつけた大著に「タルムード」 があります。

とあるシチュエーションにおいて、正しいユダヤ人ならどう振舞えばよいのか?ということを、高名なラビ(教師)たちがいちいち説明するという形式になっています。


で、まあ。

そいつぁ遥か泰西の、しかも2000年ぐらい前から編纂されてきた本だけあって、我々現代日本人が持つものとは一味も百味も違った倫理観が登場しまくります。


中でも当方が驚いたのは、「女性」をテーマにした「ナシーム」の、さらに婚姻関係について規定した「ケトゥボート」篇


そこでは「成人男性が、『3歳未満の幼女』とセックスすること」について、


「指を目に当てるようなもの」



だと表現しています。


ものすごく回りくどいレトリックなので、この部分だけ読んでも日本人にゃ何のことかよく分かりません。

よって、もうちょっときちんと説明しますと……



「指を目に当てると、ポロポロ涙が出てくる。これは自然なことである」



「それと同様に、当時のイスラエルにおいては、3歳未満の幼女とセックスしても、放っておけばポコポコ自然に処女膜が再生すると信じられていた」



「だから幼女の処女を奪っても、たいした問題にならない」


っつー意味合いだそうで。







さらに、「ネズィキーン」巻の「サンヘドリン篇」では、


「性交を伴う結婚は、女子が3歳の誕生日の翌日を迎えてから可能」



なんて記述もあったり。

すなわち、


3歳児の肉体は、すでに結婚しても構わないぐらい成熟したものだ!


と、昔のユダヤ人は考えていたっぽい。





なんつーか、その……


すごいね、古代!









この「タルムード」、前述したように現代のユダヤ人がみーんな律儀に従っているわけではありません。

しかし同時に(これまた最初に書いた通り)一部の原理主義者は「今」よりも「昔」の価値観にこそ真理があると考え、古代そのままの「律法」を尊重しながら生きているわけで……


そこで(不謹慎な)提案!

ツルツルでペタペタな娘っ子を愛してやまぬ諸兄におかれましては、ロリ性癖への抵抗が強い風土にゃそろそろ住み飽いたことと存じますので……

こりゃもう、いっそ改宗アンド砂漠の片隅に移住しちまっては如何か!


さすれば、



神は言っている、幼女を犯しても全然オッケー! と。



って主張し放題ですぜヌハハ!(←罰当たり)








※11月13日・付記

当方の資料読解力が不足していたため、記事の一部に不正確な記述がありました。

具体的に言うと、


「指を目に当てるようなもの」


というレトリックの解釈について微妙にズレたことを書いておりました。

お詫び申し上げます。


なお上掲の文章は、すでに訂正済のものです。





[PR]
by hihonsyudo | 2010-10-17 23:26 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
追悼

今年2月、浅草橋で開催された「ショタスクラッチ」に参加した時のことでした。

当方のすぐ隣のスペースには、いかにも「バリバリ漫画描くぜオラ!」的なエネルギーを感じる男性と、なんだか場の空気にあんまりそぐわない老紳士のふたり組がいらっしゃいました。

で、その老紳士、お話してみるとやたら江戸の文化史にお詳しい!

「火事と喧嘩は江戸の華」の後に続く文句の話とか、田中久重が造ったカラクリ人形のこととか、すごーく面白くてためになる話をいっぱい聞かせていただいた。


さらに老紳士、当方の出し物を見て、「君の書くものもなかなか面白いね。歴史モノの雑誌に載せたら結構受けるんじゃないかな」なんてありがたい言葉をおっしゃってくれる。


おおおおおこういう教養ある方に興味を持っていただけるとは!と思いがけず舞い上がったわけですが……



真の驚愕は、その後にドズッ!とやって来た。


若い方の男性が、その老紳士の名を紹介していわく。



「あ、そうそう。この人はね……みやわき心太郎先生っていうんです」








ええ、ええ、リアルで奇声を発しましたとも。


そう!
あの!
伝説の官能劇画『レイプマン』の作者ですよ!
同時に、甘酸っぱい青春浪漫『はつ恋アルバム』の作者でもある!

幼い頃の当方に、「漫画」という表現形態の多彩さをトラウマ的に叩き込んでくれた、みやわき先生その人!


そんな漫画界の生ける伝説が、お知り合いである同人サークルの手伝いアンド物見遊山のために、ショタオンリーに降臨されていたのです。



それからのことは、あんまりよく覚えてません。
とにかく湧き上がる興奮にうかされるまま、本朝文化史・劇画史トークの花を咲かせまくっていたら、あっという間に閉場時間が到来していたのでした。



と、まあ。


木っ端同人屋の身にはそぐわぬ、あまりにもドリーミィな椿事だったもんで、イベント終わって帰宅してからもしばらく「あの場で体験したのは、リアルな出来事じゃなくて単なる白昼夢だったんじゃないか」という疑いが抜けなかったのですが……



後日、みやわき先生のmixi日記で当方のことが紹介されていることを知り、またしても奇声と共にガッツポーズですよガッツポーズ!


そのありがたすぎる記事は、


「ピコピコカルチャージャパン」様


というサイトに転載されているので、そこから一部を孫引きさせていただきます。




>お隣のブースで「修道士ペドフェチ」と云う方が、
>「日本のBL古典」を売っていて、
>名刺代わりに売り物の作品集をくれた。


>女色を禁じられている坊さんが、
>稚児を代用品にする際、
>大人の男性器を受け入れられる様にする為に
>肛門を大きくする術や行為の
>マナーが書いてあったりする。
>(「好色一代男」どころか「レイプマン」も真っ青!!)


>おかげで、降りるべきバス停を乗り過ごしてしまった。(苦笑)





みやわき先生ほどの人物が!
当方の本を読みふけるあまり!
バス停を乗り過ごした!



ぬおおおおおおおおおお!
超!
名!
誉!



ほんと、たとえ百回生まれ変わったとて忘れようの無い大武勲ですよ。
この記事を最初に読んだ時ゃ、なんか眼窩の奥に俄かな湿り気が篭もって篭もって……大変でしたよまったく。




それはさておき。
上掲日記が書かれたのは、今年の3月。
野暮で野蛮な「規制法」を東京都の議会が成立させようとしている!っつーカドで、漫画出版業界が青ざめまくっていた頃。
そんな時勢の中でみやわき先生は、「漫画」という表現にずっと関わってきた大先輩として、かくも先鋭的に「戦う意思」を表明してくださいました。
上っ面の薄っぺらい「良識」なぞクソ喰らえ、「同人誌文化」の自由を害する者こそが真に社会の敵だと、声を張り上げて叫んでくださいました。



なんて熱い67歳!



若オタ向けの低俗ショタエロ同人イベントにフラッと現われ、当方みたいな木っ端腐男子相手に、洒脱で知的なトークを披露する一方で。
真面目にシメるべき場面では、きっちりとシメる。



「粋な大人」、でした。



そんな敬愛すべき粋人が、世を去ってしまいました。



いつかどこかのイベントで再開して、もう一度『レイプマン』連載当時の裏話とか、次郎長講談に秘められた政治的意図とか、知的好奇心が刺激される話を聴かせてもらえたらなー……とかなんとか。
密かに、夢見たりもしていたんですが。
残念ながら、それはもう絶対に叶うことがありません。



現在ネット上の様々な場所で、みやわき先生に捧げられた追悼文を目にすることができます。
みんな口を揃えて、「すばらしい漫画家だった!」と、その早い死を惜しんでいます。


自分も、全く同感です。

ただただ、残念。



ご冥福をお祈りします。


[PR]
by hihonsyudo | 2010-10-13 22:23 | 日乗 | Trackback | Comments(0)
COMIC CITY SPARK5終了、およびリアル「男の娘」

秋雨降る中、わざわざビッグサイトまでお越し下さった方々に感謝!

お蔭様で、今回も楽しいイベントになりました。


「歴女」なんてぇ言葉が、ともすれば蔑意をこめて使われる昨今。

なれどシティに集う「ヒモノ系」サークルの場合、「歴史」と「人物」についての愛アンド知識が凄い方々ばかりで、当方なんぞは毎度圧倒されまくっております。
ほんと、みんなよく調べてますよねえ……

熱い!


そういや、蘇我氏について研究しているという方に、


「蘇我入鹿×皇極天皇」


という説が存在することを教えていただきました。

たぶん、「道鏡のデカマラに、孝謙天皇うっとり!」説なんかと同様、後世の人間による「勘繰り」から生まれた俗説だと思うんですが……

浅学の悲しさ、当方は初耳でありました。


「道鏡×孝謙」は、江戸期の川柳や戯作などにしょっちゅう登場するカップリングなんですが、「入鹿×皇極」の場合も、やっぱりどこかでネタにされてたりするのでしょうか。

もし、その具体例をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひご教示願いたく。





あ、夏コミに続き手伝いを買って出てくれたT氏にも改めて御礼!

どうもでしたー。





そうそう。

イベント終了後に、そのT氏と一緒に男の娘バー・NEWTYPEに突撃してみたんですよ。


平素より大昔の女装ショタ文化に馴染んでいる身としては、この21世紀になってから再び花開いた「今衆道」の実際についてもキッチリ確かめなければならん!


と、無駄にして俄かな義務感が湧いてきたもんで、つい。



でもって。

感想としては、「驚いた」の一言!



当方は外道古典の他にも、ちょいとばかし『東方』ジャンルなんぞも嗜んでおりまして。

しばしば東方系のオンリーイベントにも足を運ぶのですが、そういった場では


「やけに横幅のワイドな八雲紫」


とか


「生脚にスネ毛びっしり!の射命丸文」


とか、そういう類の「視覚への暴力」に出くわす機会が多く、毎度毎度ギリギリしております。

そのため「女装コスプレ」という存在について、今まであまり良い印象を持ってなかったのですが……


『NEWTYPE』に集う「男の娘」たちは、そんなネガティヴ・イメージを一気に払拭するぐらいレベルが高かった。

彼ら……もとい彼女たちの肌のキメ細やかさ、およびウエストの細さは、さぞ維持するに困難なものだろうと推察。


単なる「自己満足」に留まらず、とにかく「魅せる!」ことを念頭においたコスプレ。

「空想美少女」たちの二次元絵姿を、あえて「生物学上オス」の肉体をもって三次元空間上に再現しようとする工夫・努力。


それが商売だから……とはいえ、マジ頭が下がりまする。

何事も、やるなら本気でやらなきゃ!っつーことですな。



[PR]
by hihonsyudo | 2010-10-11 19:54 | 日乗 | Trackback | Comments(0)