ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「108」

と、いう題名で『メルマガクリルタイ様』に寄稿いたしまして候


どんな内容かは、読んでみてのお楽しみ。

どうぞよろしゅう。


[PR]
by hihonsyudo | 2011-02-25 21:13 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
ザ・魔少年!

「魏の哀王は、竜陽君を念友に定まりて後、女乱をさまり、国中衆道に誠あるを知るとかや」



上記は、西鶴の大著『男色大鑑』第一巻に載っている文句です。

つまり、古代中国の名君アンドその愛人(♂)を引き合いに出しつつ、



「女の色香に鼻をのばせば、すなわち傾国あるのみ!

 されど純粋な少年の美を愛する限りは天下泰平!」



ってなことを主張しているわけですね。

こんな感じで、美少年の「美」を神聖視する価値観は、本朝の男色文学史上しょっちゅう認められるものなのですが……



いやいや美少年の「美」だって、女のそれ同様、「魔」なるモノと化して立派に(?)人を破滅させることもあるんです!

そんな「ファム・ファタール(運命の女)」ならぬ「ギャルソン・ファタール(運命の少年)」を描いた傑作文学作品を、鎌倉・室町・江戸時代からそれぞれ1つずつ……計3篇ほどご紹介!




サンプル壱号。
a0267818_1238742.jpg



サンプル弐号。
a0267818_1238751.jpg


平成23年2月20日初版。

手作りの薄いコピー誌。

頒布価格200円。



[PR]
by hihonsyudo | 2011-02-14 21:21 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)
三大『エノク書』大決戦!

ユダヤ教の経典のひとつである『エノク書』の解説本です。


この怪獣映画的なタイトルの由来は、一口に『エノク書』と言っても……




『第1エノク書(エチオピア語訳バージョン)』


『第2エノク書(スラヴ語訳バージョン)』


『第3エノク書(へヴライ語訳バージョン)』



の、3バージョンが存在することによります。

つまり、あんまり深い意味はありません。


なんで、いきなりそんな古代泰西文化の本を作るつもりになったかと言うと……


当方はユダヤ教文化および『エルシャダイ』PVを愛しているからです


そこで、『ニコニコ動画』における仇花ブームにちょいと便乗してみようかな、っと。



『エルシャダイ』のキャラや世界設定について、元ネタを詳しく知りたい! 

というあなたに。



サンプル壱号。

a0267818_36198.jpg



サンプル弐号。
a0267818_364591.jpg



2011年2月11日・初版。

もともと手作りコピー誌のかたちで、200円にて頒布しておりましたが……

同人ショップに委託するため、2011年2月25日にオフセット版も作成しました。

で、そちらは300円(同人ショップ委託価格は400円)。

コピー誌版に比べ、多少の加筆・訂正あり。


どうぞよろしゅう。



[PR]
by hihonsyudo | 2011-02-01 23:04 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)
近現代「不健全文学」探究

弊サークルはこれまで、日本に「文明開化」とやらが押し寄せるより以前に書かれた、いわゆる「古典」と称される作品ばかり扱ってきました。


しかし、いくら日本が「近代化」を迎えたからって、以降すっかり「野蛮」で「不健全」な人間が国内から一層されたかと言えば……


もちろん、そんな事実は全くない!


そこで当方、本朝の「いろもの」文学史を探る上で、レトロすぎる世界ばかりに遊んでおっては不十分と思いなし、此度「近現代編」を作ってみました。


コンセプトは……



マジ不健全!

バット18歳未満でも堂々と読める!



です。


つまり、読めば必ず



「うはwこれやべえwwマジキチwww」



とドン引きしてしまうような「有害」要素を多分に含みつつも、歴史的名作ヅラして公共図書館にシレッと収まっている20世紀文学を大発掘!


明治時代のキモ中年ストーカー小説、昭和初期の百合小説、恐らく太陽系に唯一の特殊すぎるフェチ小説など、いろいろ取り揃えておりますです。



2011年2月13日・初版。


頒布価格300円。
同人ショップ委託価格は400円。

現在は頒布終了・絶版。その魂は総集編に継承されました)


[PR]
by hihonsyudo | 2011-02-01 22:49 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)