「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
『太陽の季節』に元ネタあり?

つい最近、こんな同人ゲームが発売されました。

(リンク先18禁注意!)



タイトル:

障子ち●こマンの季節


コメント:

禁断のオマージュ!?

渦中の問題作の粗筋を踏襲したノベルゲームが登場!

これをプレイすれば、あの迷作のストーリーも詳細にわかること間違いなし



はい、どう考えても石原慎太郎の『太陽の季節』を今めかしくエロゲー化したものですね。

当方自身はこのゲームを未プレイですが、コメントから勝手に推測するに、おそらくは原作に忠実な内容なんじゃないかと。

でもってタイトルの元ネタになってるのは、きっと原作中のこのシーンでしょう。



「英子さん」
 部屋の英子がこちらを向いた気配に、彼は勃起した陰茎を外から障子に突きたてた。障子は乾いた音をたてて破れ、それを見た英子は読んでいた本を力一杯障子にぶつけたのだ。本は見事、的に当って畳に落ちた。
 その瞬間、竜哉は体中が引き締まるような快感を感じた。



自分自身、かくも低俗エロ要素満載の小説を書きまくっておきながら、今になってオタコンテンツ規制たあ笑わせる!

っつーことで、現在の都知事先生はアキバ界隈から蛇蝎のごとく忌み嫌われているわけですが……


ま、さもありなん。




さておき。

これと同じようなシチュエーションを描いた好色本は、江戸時代にも存在していました。

その題を『逸著聞集』と言いまして、『古今著聞集』『古事談』など平安~鎌倉期の説話集から、特に下品なエピソードばかりを五十八話も抜き出したアンソロジーです。


しかし、中には出典が不明な話もいくつか載っております。

おそらくは作者が勝手に作ったオリジナル・エピソードかと思われますが、そのひとつに以下のようなものがあります(第二十八話)。




 文の蔵人実高(さねたか)が家に、人多く集ひて酒飲み遊びけるに、酔のまぎれに勢(せい)にて紙そうじ突き破ることしてけり。


(訳:下級役人である実高という男の家に、人が多く集まって酒を飲み遊んでいた。それぞれは酔いに任せ、「勢(ペニス)」で紙障子を破るという行為に及んだ)




絵柄を想像するだけでドン引きの悪ふざけですが、結局そのランチキ騒ぎは実高の父に見つかり、みんな慌てて逃げてチャンチャン!


というオチ。



ま、一般的に「高尚」だの「おカタい」だの思われてる古典ブンガクの世界にだって、こういう類のゲスな文章はゴロゴロしているわけですよ、ええ!


『太陽の季節』誕生までの経緯に、この『逸著聞集』がどれほど影響していたかは分かりません……っつーか、内容が似てるのは多分ただの偶然だとは思いますが。

それでも、「純真な青少年」を惑わす「ワイセツブツ」を本当にこの世から排除したいと思うなら……


ただ闇雲にオタコンテンツばかりを締め付けるだけではなく、むしろこういう本が野放しになってる公立図書館にこそ「18禁」のゾーニングを徹底しなきゃ、不十分なんじゃないですかねえ?



[PR]
by hihonsyudo | 2011-06-30 21:28 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
軽音百人一首 けいおぐら!
江戸時代には、既存の名作文学をもじったパロディ本が数多く出版されました。

『平家物語』『実語教』など、シリアスかつ知名度の高い文章ほど格好のネタにされまくったわけですが、それらの中でも特に人気が高かった素材が



『小倉百人一首』



です。

その具体例としては、こんな感じ


で、まあ。

江戸ユーモアと現代アニメの両方を愛する不肖当方も、この度は『けいおん!』というテーマ縛りで、百人一首の改変に挑戦してみたくなりまして……


つい、こんな本を作ってしまいました。


a0267818_1253396.jpg



今回の表紙絵および挿絵のご担当は、けら氏!

いとをかし!すぎる美麗の筆を振るっていただき、まことありがたや!




まあ、このイラストだけで十分満腹かとは思いますが、一応本文サンプルも挙げておきますと……


a0267818_1253351.jpg



と、最初から最後までこんなノリで、ズラリ並べた全100首!

なんか、「古くさすぎて伝わりにくいパロディ選手権」に出品したなら上位入賞は間違いのない一冊ではありますが……


それでも!

熱心なる『けいおん!』ファンの方なら、どの歌も一目見るだけで原作のワンシーンが浮かび上がってくる!



……はず。

例によって古文の勉強などには全く役立たぬ中身ながら、ま、どうかひとつ。



平成23年7月10日・初版。

頒布価格400円。

ショップ委託価格500円。
[PR]
by hihonsyudo | 2011-06-29 21:49 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)
読本 魔法少女惑乎紛乎

数多の文豪が才能を競い合った、19世紀前半。

いわゆる「化政文化」華やかなりし頃に、市井から大いに注目を浴びた「魔法少女」の物語があった……



という、これまで歴史の闇に埋もれていた衝撃の(偽)新事実を、白日のもとにさらけだす(偽)書パート2。


あ、タイトルは「よみほん まほうのをとめ まどふかまぎるか」と読みます。


で、文例としては、



「エエ何者か、どちらの身方か」と杏子問へば、ほむらしづかに「分別治定、大人しき者の身方。いたづら無用に諍(けんか)早い、痴(をこ)どもの敵。サテ汝はどちらなる、イザ聞かせよや佐倉院の杏子」と問ひ返す。



おおむね、こんな感じです。

なお、今回も表紙絵ご担当はンナ氏 でございまする。




a0267818_12381318.jpg


まどか神のキューティかつマジェスティックな魅力が爆発するデザインに涙するがいいさ!


ついでに本文サンプル。


a0267818_12381432.jpg


2011年6月19日・初版。

頒布価格400円。

ショップ委託価格500円。




[PR]
by hihonsyudo | 2011-06-06 01:12 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)
アヴァンギャルド新作能

能。
遥か昔より脈々と続いてきた、古式ゆかしき舞台芸術。
現在なお各地の能楽堂や劇場で上演される演目についても、その原型は室町時代あたりに成立したものがほとんどです。
ゆえに謡曲(能の脚本)に登場するのは、例えば平安期の歌人とか、『平家物語』の武将とか、そういう大昔の日本人ばかりです。


しかし!
幕末以降に書かれた「新作能」の中には、そういった従来の舞台とは全く趣きを異とする作品も多くあります。
それこそ平成人たる我らの目から見てさえ、「おいおい、そいつぁちょっと斬新すぎるんじゃねえかい?」と問いかけたくなるレベルの!


ま、そんな感じの「新作」かつ「珍作」を、5本ばかりご紹介。



サンプル壱号
a0267818_12381229.jpg



サンプル弐号
a0267818_12381353.jpg



平成23年6月12日初版。

手作りの薄いコピー誌。

頒布価格200円。


[PR]
by hihonsyudo | 2011-06-06 01:00 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)