「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ウマナミなのねー

昨日あたりから各所で話題騒然!

となっているのが、JRA の作ったこのゲーム……




『My sweet ウマドンナ』



であります。

ただいまアクセスが集中しているアンド当方のPC環境がオンボロ劣悪であるためか、ちょっと読み込みが重すぎてまともに遊べない状況なのですが……


世の評判を聞くに、どうも自分が「競走馬」になって「人間の少女とラブラブな関係になる」っつー恋愛シミュレーションらしく。




いやー流石はHENTAI立国ジパング!

まさか「獣×少女」という斬新すぎるジャンルをもって、世のギャルゲーオタクどもの度肝を抜くとは……



と、一瞬だけ驚いてみたものの。



続きを読む
[PR]
by hihonsyudo | 2011-12-12 21:41 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
スウィート・スメル・オブ・シュドー・ローズ(少しの百合も一緒)

親愛なる読者の皆さんへ、そして初めての皆さんへ。

弊サークルは、全米を震撼させているサイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」 に感動し、コミックマーケット上でファン・ジンを発行・頒布するものです。


この「ニンジャスレイヤー非公式ウスイ・ブック」には、ファンの脳内で妄想されたフ・エピソードのまとめなどが掲載されます。


まあ剣豪ミヤモト・マサシも「百回ヒアリングよりも一回ウォッチングの方が実際具体的」とおっしゃってることですし、以下実物のサンプルをサクッとご覧いただきましょう。


a0267818_12531974.jpg



a0267818_12531951.jpg


a0267818_12531976.jpg


a0267818_12531852.jpg


ちなみに表紙デザインおよび挿絵のご担当は、謎のウキヨエ師・ルート(roottale)=サン


あと、それほどエロい内容ではないものの、「激しく前後」的・「ツラナイテオカス」的描写がそれなりにあったり、サツバツ・ヴァイオレンス的文章を多分に含んでいたりするので……



実際18禁指定な。



また18歳以上のニンジャヘッズにおかれても、「男×男」または「女子×女子」の同性愛要素満載につき注意重点!


平成23年12月31日・初版。

頒布価格500円。

ショップ委託価格600円(税別)。
現在は頒布終了・絶版

(2013年6月追記)
再版しました。
各種ドージン・コンにて、未だにひっそりと頒布中な。
あと、 こういうユリ本 とかもちょくちょく出したりしてるので、wikiから飛んできた18歳以上の方は……今後ともぜひ弊サークルをオヒーキに!
そして、ついでに

COMIC ZIN 通販
とらのあな 通販

も覗いてみるべきでは?(彼は真顔で書き終えた)



「安い…安い…実際安い。コミケ、コミケ、コミックマーケット。オボンもオオミソカも、コミックマーケット。安い……安い………実際………安い………」



[PR]
by hihonsyudo | 2011-12-11 00:14 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)
(前略)伝統オタ舞台2011!

対2011冬コミ決戦新刊、その1。

正式タイトルは



「みんなが大好きなゲームとかアニメとか漫画とかを、またしても能とか狂言とか歌舞伎とかっぽい代台本に翻案してみたよ!本」



で、つまりは昨年末に出した『伝統オタ舞台!』とまったく同巧・同系統。

中身も、タイトルそのまんまです。

ただし昨年版に比べ、「表紙イラスト追加」「注釈入り」など大幅なパワーアップを遂げておりまさあ!


あ、表紙ご担当はけら様です例によって。



サンプル。



a0267818_12531837.jpg



a0267818_1582740.jpg



a0267818_202660.jpg



2011年12月31日・初版。

頒布価格500円。


ショップ委託価格600円(税別)。
現在は頒布終了・絶版)。


[PR]
by hihonsyudo | 2011-12-10 23:57 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)
酒と漢詩と禅師と女

というタイトルで、久しぶりに『メルマガクリルタイ』様へ寄稿いたしまして候


今回は、皆様ご存知「一休さん」の素晴らしいポエムセンスに泣いたり頭を抱えたりする内容となっております。


どうかひとつ!



[PR]
by hihonsyudo | 2011-12-08 00:17 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)