ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
おねショタby沙翁

本朝における耽美ばかり追うのではなく、たまには海の外にも飛び出してみましょうかい。




西洋を代表する作家と言えば、そりゃもうシェイクスピア大先生の名前が真っ先にあがります。
彼の残した37の舞台脚本は、どれをとっても秀逸なものばかり。
よって一般には「劇作家」として知られる彼ですが、一応「詩人」としての横顔も持っていたり。

しかも、ただの詩人ではありません。

もしかしたら、20世紀以前の西洋文学史においては実に珍しい「ショタコン詩人」なのかもしれないのです!
その疑惑は、『ヴィーナスとアドーニス』という長編詩において最も色濃い。


ウィキペディア 『ヴィーナスとアドーニス』項より作品のあらすじを引用させていただくと、




ヴィーナスは恋に病んでいる。馬の鞍からアドニスを持ち上げると、しつこく接吻と話を求めるが、ヴィーナスの行動も言葉もアドーニスに性欲を起こさせない。むしろ拒否する。




つまり真性ショタコン女が、潔癖な美少年を誘惑しようとして逆にフられる話です。

それでは以下、昭和9年に出された『新修シェークスピヤ全集 第三十八巻 詩篇 其一』より冒頭部分を引用して参ります。
ちなみに何故わざわざそんなカビ臭い古本を持ち出したのかと言えば……
訳者である坪内逍遥の硬質かつ古色蒼然とした文体にゃ、現代人の訳には無い「味」があると思うからです。
つーか、個人的趣味です。





韓(から)くれなゐの面(おも)わ有(も)たる太陽が、今しも
打濡める朝けに立別れしばかりなるに、薔薇色頬のアドーニスは早も狩に出でつ。

彼れは狩をこそ恋ひぬれ、恋をば蔑みぬ。

 思ひ悩めるヴィーナスは、疾く其後を追ひおて、

 打付けに憚る色もなく、斯くは言ひ寄りぬ。



「わなみよりも遥かに遥かに麗しき汝よ、

たぐひなく懐かしき夏野辺の花の司よ、

なべての女神を醜く見する、男には過ぎたる美よ、

鳩よりも白くして薔薇よりもくれなゐなり。

 『自然』も、汝を造るためには、自ら苦闘せりき。

 いひけらく、汝あらずならば、世も亦た尽きむと。



(中略)



彼の打倒れしや女神も其傍らに臥しぬ、

共に、肘と腰とをもて其身をささへつつ。

今し女神は男の頬を撫づ、男は皺ぐみて、あはや

叱り罵らむとす、女神其口を唇もて塞ぎて

 キッスして言ふ、好き心の為に打喘ぎながら、

 「叱り罵らむとせば、いつまでも此唇を開かせじ」と。






どうですか皆さん!
特に、「大人のお姉さん×男の子」というシチュをツボとする方!
流石は大文豪の筆の冴え、遥か昔の16世紀に書かれたものとは思えないほど「萌え」の要素が詰まっているとは思いませんか?


片や、まだまだ色恋沙汰に興味が湧かぬ思春期前。
元気いっぱい野の獣を追うことを至上の快楽とするヤンチャっ子!


片や、巨大ペニスを海中に投じし泡より生まれたる性愛の化身。
お色気爆発の淫らな美女!


ううむ、見事なコントラストの美ですなあ。

で、この後に続く「唇を奪う」描写も凄い。





飢ゑたる鷲の、物食はぬためにいや猛くなりて、
翼をも肉をも骨をも嘴(はし)をもて啄(つつ)きて、

満腹するか餌食のあらずなるかまでは、

翼を揺りつつ、いそがしく貪り食ふが如くに、

 その如くに、女神は額を、頬を、頤(おとがい)をキッスし、

 キッスし終れば、又、はじめに戻りてキッスす。



従はむ意(こころ)はなけれど、抗はむ術もなくて、彼れは

打あへぎつつ臥して、女神の面に息す。

女神は其湯気をうまし生餌とも喜び食みて、

神々しき潤ひよ、天福の戦(そよ)ぎよ、と呼ぶ。

 願ひけらく、あはれ、わが頬、花咲き満てる園となりて

 毎に其花どもを斯かるいみじき雨に濡らさましをと。






エ、エロい!
なんという逆レイプ!


力なく震えながら、「あ、あんっ! やめて、こんなのイヤだよお姉ちゃん!」と涙目で懇願する美少年の姿が自然と想像できてしまいますね。
そんなシチュを目の当たりにした日にゃあ、性欲をもてあました女神ならずとも心の奥底で何かが弾けてしまうと言うもの!


まあ、色々あって結局ふたりが結ばれることはないんですけど。



シェイクスピアが生きたエリザベス朝時代のイギリスは、性道徳に関して実に厳格な国でした。
ちょうど同じ頃の日本じゃ、戦国武将が可愛い小姓を囲ってウハウハ生活を送っていたわけですが……そういう嗜好は、英国の紳士淑女たちから見ればまさしく悪魔の所業です。
もし女王陛下のお膝元で「かわいい男の子をガンガン犯しまくりてぇー!」などと主張しようものなら、良俗を乱したカドで首を刎ねられても文句は言えません。
とりあえずはヘテロ間の愛を描いている『ヴィーナスとアドーニス』内においても、直接的なセックスの描写は一行とて出てきません。


しかし、そういう「寸止め」状態だからこそ輝くエロティシズムというものもまた存在いたします。

直接的な描写なくして、読者に生唾を飲ませしめる表現の妙!とでも申しますか。

15禁の本に、18禁以上のときめきを感じてしまうことって結構あるよね!みたいな。




果たしてシェイクスピアは、この一作を書くにあたりヴィーナスとアドーニスのどちらに感情移入していたのか?
同性を誘惑したかったのか、異性から誘惑されたかったのか?

ま、どっちにしろ、彼の魅せる「不健全の美学」は永遠不滅。

その中には、現代日本のショタコンをひきつける要素がたくさん埋蔵されているのです。




そんなこんなで、いわゆる「おねショタ」ジャンルの元祖はシェイクスピアです←結論!






そうそう、シェイクスピアは他にも「男×男」の香り漂う詩も遺していますね。
そのあたりのことに関しては、以下のサイト様が詳しいです。


『ソネット集』に埋め込まれた秘密





よく「人生の全てはシェイクスピアの中に詰まっている」なんてことを言いますが、さもありなん。

もしかしたら、「やおい文化の全て」でさえも……


[PR]
# by hihonsyudo | 2009-03-04 22:34 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
大河ドラマ『天地人』始まりましたね

なんて、超今更な話題ですが。



「上杉謙信×直江兼続」というカップリングは、江戸時代の頃から人気です。

衆道関係の本が歴史上代表的なカップリングの例を説明する際には、「熊谷直実×平敦盛」や「織田信長×森蘭丸」などと並んでよく引き合いに出されます。



生涯不犯を天に誓った軍神様ですら、心惑わせずにはいられなかった美少年!

兼続が生涯のシンボルとした「愛」の一文字は、いったい誰に捧げられたものだったのか?



なぁんてシチュエーションは、いかにも腐った人種が好みとするところ。



ですが。

それが果たして「歴史的事実」であったかどうかと言えば……





上杉謙信と直江兼続とは「衆道」の関係に非ず


ちょっとネット上で検索するだけでも、上記のような歴史学者の意見があったり。



また、耽美文学の大御所がまとめた『美少年日本史』 なる本があるのですが、そこでも



直江兼続という人が謙信の寵童だと昔から言われているのですが、私はまだ決定的な文献に遭遇しておりません。



とのこと。


さらに皆様ご存知の大碩学たる南方熊楠先生が、衆道研究家の岩田準一に答えていわく、



貴状に直江は謙信に寵せられたごとく見ゆるも、直江は景勝に寵幸されたるに候。謙信存生のころは直江は小児たりしことと存じ候。『藩翰譜』の上杉譜など見れば明らかに知れ申し候。



だ、そうで。

いやいや『小児』だったからこそ『寵せられた』んじゃないの?という疑惑もありますが、残念ながらそもそも兼続が謙信に仕えたという事実自体がないらしいのです。

上文は河出文庫『南方熊楠コレクションⅢ 浄のセクソロジー』から引用したのですが、同書の注釈によれば



岩田が、直江が謙信に仕えたとしたのは、福本日南『直江山城守』による誤りだが、昭和初期の当時はもとよりごく最近に至るまで、多くの辞典類が「謙信景勝二人に仕えた」としている。



よって、「謙信×兼続」のカップリングは妄想の産物に過ぎない!ってのが結論のようですね。

ふう。



しかし逆に言えば、妄想の世界じゃ何でもアリアリ!ってことでもあります。

最近流行の某無双シリーズや某BASARAなんか、戦国時代愛好家のがプレイしようものなら卒倒しかねない内容で、2ちゃんねるの戦国板あたりでも嫌っている人が多いようですが……

今回の記事において最初にリンクした歴史学者さんのブログでは、妄想カップルを史学的に否定する一方で、以下のようなありがたいお言葉も残してくれています。



なお小説の類は、兼続と謙信との間が「衆道」の関係があったとなっているが、これは文学の世界における創作なのであるから全く問題とならない。



「小説の類」は、そのまま「やおい同人誌の類」と言い換えても全く問題ありますまい。

そう、妄想の翼が飛ぶ高度に限界は無し!


秘本衆道会では、いわゆる「ヒモノ」のジャンルを全力で応援しております!

全国の「謙信×兼続」を愛する腐女子・腐男子の皆様におかれましては、どうぞ心のおもむくままに活動して下されんことを!


[PR]
# by hihonsyudo | 2009-02-08 22:13 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
緊縛マニアック

警察機関が犯罪者を逮捕した際、まず最初にやるべきことと言えば?

そう、言うまでもなく「拘束」ですね。
せっかく捕まえたのに、スルッと逃げられてしまったら素も子もありません。

今なら警察謹製の手錠をカシャッとハメて一丁上がり!ってなもんですが、江戸時代の頃はそんな便利なアイテムはなかったもんで、同心・岡っ引きたちはわざわざ縄で下手人を縛り上げる必要がありました。
暴れる狼藉者を無理矢理おさえつけ、「神妙にしろィ!」などと怒鳴りつつ縄でグルグル巻きに……まあ、時代劇などでも御馴染みの情景でありますね。

お芝居の中なら、とにかく見た目にキッチリと縛ってあれば誰も文句は言いません。
しかし、実際にはどうだったか?


実は、縛り方ひとつとっても色々と面倒なルールがあったのです。


当時の捕り物について解説しているこのサイト様によりますと、



>捕縄は二種類あり早縄でとりあえず拘束し本縄で本格的に縄をかけた。縄のかけ方は捕縄術で規定され身分や性別によって異なり稚児縄、女縄、破戒縄、禰宜縄や武士の牢屋の揚屋へ入れる場合は揚縄、死罪相当の者は切縄など40種類ほどある。



だ、そうで。

おいおい縄なんざしょせん犯罪者を拘束するための道具、とにかく相手の自由さえ奪えりゃどう縛ったって勝手だろ?

……と、当方みたいな野暮天はついつい思ってしまうのですが……
いやいやいや!
そこでわざわざマニアックな工夫を凝らしてしまう辺りに、江戸っ子の粋(イキ)とか遊び心(アスビゴコロ)とかが表れ出てるんでしょうなあ。




……多分。




とまれ上記の引用文のうち、弊ブログ的に注目しなけりゃならんのは



>「稚児縄」



という箇所でありましょう。

当方、日頃よりそれがどんな縛り方であるか気になっていたのですが、先日ついにその詳細を見つけました。
さあさ以下の図版にご注目!










a0267818_1223339.jpg

(耽美雑誌の泰斗『June』の1979年8月号より転載)



ううむ、なかなかにS属性を刺激する縛り方ではありますな!
もしどなたか江戸を舞台にしたエロショタ本を描こうと思っている方がいらっしゃれば、是非ご参考に!






それにしても。
あくまで犯人の職業や社会的身分を判別することのみを目的として、細かいルールを決めていたのかと思いきや。
顔とナリを一目見ればすぐに分かる「少年」や「女」という立場にまで専用の緊縛法を用意するとは……



江戸の法曹界、マジ変態。


[PR]
# by hihonsyudo | 2009-01-22 23:00 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
謹賀新年!

いやー、明けましたね。

うん、明けた明けた。


つーわけで、今年もよろしくお願い致します。




冬コミに来て下さった方々、まことにありがとうございました。

「ワハハ何よこれ!」「へえ、こんなモノがあったのか!」という珍奇の視線こそ、我が最大の喜びであります。


エロ古典トーク楽しかったー!


あと、外国人の方に「Oh,Syudo? Waaaao!」と驚かれたことにも驚いた。

すげぇな、「Syudo」って世界の合言葉なのか!?




次回の参加イベントは……3月のショタスクラッチですかね。

今度こそ新刊を出したいところ。


これからもどうぞよろしゅう。


[PR]
# by hihonsyudo | 2009-01-01 21:29 | 日乗 | Trackback | Comments(0)
あやしき家持

奈良時代を代表する歌人と言えば、まず真っ先に挙げられるのが大伴家持(718-785)ですね。

『万葉集』に収められた全4516首のうち、家持の作品は473首にも及びます。

また、他の人から家持に向けて捧げられた歌も多数収録されており、当時の歌壇におけるボス的な存在だったことをうかがわせます。

っつーか、『万葉集』を編纂したのは家持その人だと言われてるんですけどね。


あ、名前を「イエモチ」と読む人がいますが、「ヤカモチ」が正しいですよ念のため。


そんな「ミスター和歌」の家持さん、どうにも腐的に深読みしたくなる歌をいくつか遺しています。

特に『万葉集』の第四巻、つまり「相聞(したしみ)」をテーマとする歌を集めた巻がヤバい。



まず、「大伴宿禰家持が交遊(とも)と久しく別るる歌」として紹介されている三首。



けだしくも人の中言聞かせかもここだく待てど君が来まさぬ


中々に絶ゆとし言はばかくばかり生(いき)の緒にして吾(あ)が恋ひめやも


思ふらむ人にあらなくにねもごろに心尽して恋ふる我かも


それぞれ意訳すると、


「たぶん、何者かに私の悪口を吹き込まれたのだろうな。いくら待っても、君が来てくれない」


「もう別れたいのなら、はっきりサヨウナラと言ってくれ! こんなダラダラした関係を続けてるせいで、愛しさのあまり息が詰まりそうだ」


「君にとって、私の存在などアウトオブ眼中だということは知っている。それでも、君のことが忘れられないんだ大好きなんだああああああああ!」



ええと……これ、本当にただの「交遊」関係の歌?

どう見ても修羅場っつーか、ドロドロした昼ドラ的な情景が目に浮かんでしまうんですが!






あと、家持が「藤原久須麻呂」なる人物に贈った歌として、以下の五首があります。



春の雨はいやしき降るに梅の花いまだ咲かなくいと若みかも


夢のごと思ほゆるかも愛(は)しきやし君が使の数多(まね)く通へば


うら若み花咲き難き梅を植ゑて人の言しげみ思ひそ吾(あ)がする


心ぐく思ほゆるかも春霞たな引く時に言の通へば


春風の音にし出なば在りさりて今ならずとも君がまにまに


意訳。


「春雨はますます降りしきっているが、梅の花はまだ咲かない。木が若すぎるせいだろうか」


「まるで夢のようだ! 愛しくてたまらない君が、こんなにも頻繁に使者を送ってくるなんて」


「まだ若く、咲く時期に至らない梅を植えた。人の噂がウザくて、悩み中」


「なんかモヤモヤした気分になるなあ。春霞がたなびく頃に便りをもらうと」


「今すぐと言うわけにはいかない。が、もし春風に乗って噂が広まり、この関係が世間に知られるようになったなら。その時は、君の思うがままにすればいい」



『岩波古典文学体系』では、第一首と第三首に出てくる「若い梅」=「家持の娘」だという説をとっています。

つまり「お宅のお嬢さんを僕に下さい!」と頭を下げてきた久須麻呂に対し、「いやあ、ウチの子はまだ適齢期じゃないよ?」と、やんわりお断りの言葉をつきつけている……みたいな解釈でしょうか。


ぬう、個人的にゃあんまりしっくりしない説だなあ。

だいたい第二首で「愛しきやし君」という言い方をしていますが、これは最上級の好意表現です。

もう、好きで好きでしょうがねぇ!っつー感じ。

しかも、向こうから使者が来ることを「夢のごと思ほるかも」とまで言っている。

娘を嫁がせる気になれない相手に、ここまでベタベタしたご機嫌取りをする必要があるのでしょうか?


801脳の持ち主としては、やっぱりここで「家持×久須麻呂」フラグを立てざるを得ない。


そして江戸時代にも、私と同様の考えを持つ大学者がいた!


その名は契沖(1640-1701)!


彼は自著『万葉代匠記』の中で、「久須麻呂が美少年だったから、家持が惚れちまったんだろ常考」という旨を述べています。

久須麻呂が本当に美少年だったという証拠はどこにもないのですが、とにかく万葉集研究の第一人者(当時)がそう言っているのです。

乙女ローダー(road+er)なら無条件で信じるしかない!





ま、家持は異性相手にもラヴい歌を詠みまくってるんですけどね。

とりあえず、ここでは「両刀!」っつーことで(勝手に)結論とします。







年内における弊ブログの更新は、以上で最後になります。

ちと早い気もしますが、『万葉集』のラストを〆る家持の歌を引用して、来年が良い年になるよう祈りたく。


新しき年の初めの初春の今日降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)


[PR]
# by hihonsyudo | 2008-12-26 20:45 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)