ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
スキャンダラス☆平安京

『古事談』って本がありまして。

以下、wikipedia『古事談』項 より解説を引用します。



天皇を始めとする貴人に関しても憚らずその秘事を暴き、正史とは別世界の人間性あふれる王朝史を展開している。あまりな醜聞暴露に恐れをなしたためか、称徳 と道鏡 、宇多 と京極御息所 、花山 と馬内侍らの淫猥な説話を削った略本もある。天皇・貴族・僧の世界の珍談・秘話集。



と、いうわけで大変に面白い内容。

もちろん、男色関係のエピソードもいくつか載ってます。

例えば源長季(ながすえ)という人物については、



長季は宇治殿の若気なり



だと断言しております。

あ、「宇治殿」ってのは藤原道長の子である頼道のことで、「若気(にやけ)」とはつまり、えーとアレだアレ、実に仲睦まじい関係だったってことですね。


また、同じ源氏の隆国は、後冷泉天皇のご寵愛を受けており……



隆国卿、頭として、御装束に奉仕す。先に主上の御玉茎を探り奉るに、主上、隆国の冠を打ち落とさしめ給ふ。敢へて事と為さずしてもとどりを放ちて候ふ。是れ毎度のことなり。


聞きましたか奥さん!

天皇が着替える時にはいつも傍に居て、しかも「御玉茎を探り奉る」ほどの仲だったんですってよムホホホ!

また、天皇に「冠を打ち落と」されたとも書いてありますが、これまたかなりヤバい戯れ方です。

当時の貴族にとって、人前で冠を取って髷を見せることは、とんでもなく恥ずかしいこととされていたのですから(今で言うなら、パンツを脱がされて下半身を露出するようなもの)。

一種の羞恥プレイですかね?



平安中期~後期にかけ、宮中の風紀は乱れに乱れました。

貴族たちはデカダンな生活に溺れ、妖しいスキャンダルが毎日のように飛び交う始末。

その結果として生まれた『古事談』は、当方お気に入りの一冊なんであります。

やんごとなき御方だってにんげんだもの、ホモ行為にだって及ぶさ!



[PR]
by hihonsyudo | 2008-11-23 21:17 | 歴史・古典よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hihonsyudo.exblog.jp/tb/15282031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いにしえローション 松尾芭蕉ホモ説 >>