ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
ザ・魔少年!

「魏の哀王は、竜陽君を念友に定まりて後、女乱をさまり、国中衆道に誠あるを知るとかや」



上記は、西鶴の大著『男色大鑑』第一巻に載っている文句です。

つまり、古代中国の名君アンドその愛人(♂)を引き合いに出しつつ、



「女の色香に鼻をのばせば、すなわち傾国あるのみ!

 されど純粋な少年の美を愛する限りは天下泰平!」



ってなことを主張しているわけですね。

こんな感じで、美少年の「美」を神聖視する価値観は、本朝の男色文学史上しょっちゅう認められるものなのですが……



いやいや美少年の「美」だって、女のそれ同様、「魔」なるモノと化して立派に(?)人を破滅させることもあるんです!

そんな「ファム・ファタール(運命の女)」ならぬ「ギャルソン・ファタール(運命の少年)」を描いた傑作文学作品を、鎌倉・室町・江戸時代からそれぞれ1つずつ……計3篇ほどご紹介!




サンプル壱号。
a0267818_1238742.jpg



サンプル弐号。
a0267818_1238751.jpg


平成23年2月20日初版。

手作りの薄いコピー誌。

頒布価格200円。



[PR]
by hihonsyudo | 2011-02-14 21:21 | 既刊の紹介(個別) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hihonsyudo.exblog.jp/tb/15282398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「108」 三大『エノク書』大決戦! >>