ブログトップ
秘本衆道会
hihonsyudo.exblog.jp
「振袖」と「垂髪」

先日のサンシャインクリエイションにて「メディアコンテンツ研究会」様のスペースにお越しいただいた皆様、まことにありがとうございました。

遅ればせながら厚く御礼申し上げます。


あの場にて頒布された新刊『SUB&MINOR』は、最近の秋葉原界隈を賑わすアレやコレを深く理解するための資料として、きっと皆様の知的好奇心に響きまくる一冊だったことと思います。

同サークル様は今後も様々なイベントに参加されるとのことなので、今後とも是非ご注目いただきたく。



さて。

以前から宣伝しまくっている通り、上記『SUB&MINOR』には当方も寄稿しておりまして、日本の文学史上における「女装少年」の価値について語らせていただきました。

で、そのうち江戸時代の「若衆」を説明する箇所で、


振袖姿の少年たちが演じる「濡れ場」……


云々と書きましたが、これはちと誤解を招く表現でした。


なぜなら……

今でこそ「振袖」イコール女子のみに着ることが許された服装だとみなされていますが、当時の人にとっては決してそうではなかったからです。


つまり江戸時代の少年が振袖を着ていても、「男の娘」には当たりません。


そのあたりにの事情に関する詳細は、国立歴史民俗博物館の公式サイト内にあるこの記事 が参考になります。

リンク先の文末では、


>華麗な振袖を身にまとった色白柳腰の美少年は、女性化した少年とか女性の代替などと評されることがある。しかし、それは男女を二分する見方にあまりにもとらわれ過ぎているのではないだろうか。


>子どもを男女で二分することは、それ以外の性のあり方である若衆を消すこととなるだろう。


と喝破されていますが、いやはや当方もまた、無意識の内にそういう現代的な価値観を持ち出してしまっていたようです。

汗顔しつつ、訂正とお詫びを申し上げます。



もうひとつ。

字数の制限により、寄稿した文中にゃ盛り込めなかった「男の娘」ネタを。


平安~鎌倉期は、僧侶による「ショタ趣味」が横行した時代でもあります。

寺の中に住まわされ、僧侶たちの生活の世話をしていた稚児は、時おり「性欲のはけ口」としても利用されていました。


醍醐寺の三宝院が所蔵するショタコン向け絵巻物(いわゆる『稚児草紙』)などに見られるように、その頃の「稚児」は、「オンナ」らしい長髪を背中に垂らした姿に描かれることが圧倒的に多いです。


この習慣は山門中のみならず、武家の侍童などの間でも同様だったようで、男色文化研究の大家である岩田準一によると、当時は「少年」一般を呼ぶ上で「垂髪」という代名詞が広く使われていたそうです。

つまりその頃の男児には、水干や直垂など「オトコノコ」らしい服装に「オンナノコ」らしい髪形を戴くという、実にちぐはぐなファッションが求められていたというわけで。

ここで私見を述べさせていただければ……



かくなる倒錯した風習が自然に出来上がったのは、貴族・僧侶・上級武士など昔時の男性中心ハイソサエティー層内に、「男の娘」への「萌え」を抱く人が多かったからこそ!

……なのではないか、と!


つーわけで「わぁい!」 属性をお持ちであるオタの皆様、どうぞ現代俗世間の白眼視などお気になさいますな!

むしろ皆様方こそ、本朝の「雅」なる文化を正統に後継していらっしゃいますゆえ!




[PR]
by hihonsyudo | 2011-04-20 23:35 | 同人誌・記事の補遺 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hihonsyudo.exblog.jp/tb/15282409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アヴァンギャルド新作能 笑いは世界を救うッス! >>